悪徳ハウスクリーニング業者に騙されない方法とは?

【神奈川版】ハウスクリーニング業者の徹底比較!頼むならどこがいい?
ハウスクリーニング!場所別選び方ガイド(相場価格など)
ハウスクリーニング業者に依頼する時の注意点
神奈川県内のおすすめハウスクリーニング業者
【神奈川版】ハウスクリーニング業者の徹底比較!頼むならどこがいい?

ハウスクリーニングの悪質商法

ハウスクリーニングの悪質商法

近年、ハウスクリーニング業者について全国の消費生活センターへの相談が急増しています。利用する人が多くなってきているという点もあると思いますが、悪質な方法でお金を騙し取るケースも増えてきているからです。

例えば、電話でエアコンのクリーニングが1,000円などと、大幅に安い価格でサービスに申し込みをさせ、訪問後に高額なクリーニングの契約を強引に迫るケースやエアコンのクリーニング後に浴室の汚れ防止工事を迫られ、即日工事をさせられ何十万という高額な請求をされたケースなどがあります。もちろんですが、電話などで突然クリーニングの勧誘や相場よりも安い料金のクリーニングの案内を受けた場合は注意するようにしましょう。

もしお願いしたいと思ったら、その業者がきちんとしたクリーニング業者なのかどうかをインターネットで調べてみるといいでしょう。安易に申し込みをしてしまい高額な請求をされたりすることがないようご自身で回避するのが一番です。しかし、万が一被害にあってしまったら、消費者センターなどへ必ず相談してください。

クーリングオフを利用しよう

クーリングオフを利用しよう

ハウスクリーニングをかたる悪質業者の中には、物品や不必要なサービスを売りつけるケースがあることはすでにお話ししました。長時間に渡る勧誘や居座り行為によって、正確な判断ができず40万以上もする掃除機を購入させられたケースや、家中の壁紙の張替えやリフォームなどの高額な契約をさせられてしまったケースなどもあります。

こういった場合でも消費者を守るために、クーリングオフ制度というものがあります。クーリングオフ制度とは、大げさなセールストークや長時間勧誘などの不適切な勧誘行為が行われやすいサービスに適用され、訪問販売や電話購入なども対象となります。一定期間内であれば無条件で契約を解除することができますが、期間を過ぎてしまっていても悪質な勧誘等の場合でも消費者生活センターに相談すれば受けてもらえるケースもあります。

消費者生活センターに相談しよう

消費者生活センターに相談しよう

ハウスクリーニングの悪質業者に万が一引っかかってしまったら、消費者生活センターに相談しましょう。その際には、トラブルにあった本人が連絡するようにしましょう。しかしながら、最近では被害にあった方が、高齢の方や認知症や病気などのケースも増えてきています。連絡することが難しい場合は、介護や見守りをしている方からでも受けてくれますよ。

相談の電話をかける前に、あらかじめ業者の約款や契約書、申し込みをした経緯をまとめておくことをオススメします。できるだけ、悪質なハウスクリーニング業者は避けるよう、ご自身での下調べが最も重要です。イヤな思いをすることのないようにしたいですね。