知っていますか?ハウスクリーニング当日までに準備しておくべきこと

【神奈川版】ハウスクリーニング業者の徹底比較!頼むならどこがいい?
ハウスクリーニング!場所別選び方ガイド(相場価格など)
ハウスクリーニング業者に依頼する時の注意点
神奈川県内のおすすめハウスクリーニング業者
【神奈川版】ハウスクリーニング業者の徹底比較!頼むならどこがいい?
  1. ハウスクリーニング当日までに準備しておくべきことって?

こちらで掃除道具や洗剤を用意する必要がある?

こちらで掃除道具や洗剤を用意する必要がある?

ハウスクリーニングでは掃除道具も専門のものや汚れに合ったものを使います。洗剤についても業務用の洗剤から業者オリジナルのものまでさまざまですが、プロの目から見て汚れに合ったものを使うので、家庭で準備する必要はありません。
しかし準備するものではありませんが、電気や水道、ガス、洗い場などは家のものを使用することになります。電気は洗浄機器の電源や掃除をする部屋の照明で使用し、水道は洗剤の使用時や汚れの洗い流しで洗い場とともに使用します。油汚れなどはお湯が使用できると作業も早くなるためガスの使用を求められることもあります。キッチンまわりの掃除の場合、ガスコンロの掃除がおわると着火確認を行うのでその場合も必要です。

このように作業に必要な電気ガス水道が作業日当日に止まっていると作業ができません。引越しなどで利用する場合はとくに注意が必要です。またマンションの場合、定期的なエレベーター工事や断水工事などの日程が作業日に当たらないよう事前に確認しておきましょう。

その他に準備しておくものは作業車が駐車できるスペースです。自宅に来客用の駐車スペースがない場合は近くのコインパーキングなどを利用することになりますが一般的には依頼者負担となるようです。

作業個所は片付けておいた方が良い?

作業個所は片付けておいた方が良い?

エアコン洗浄の場合は、高い位置での作業となるので脚立を使用します。洗浄機器も使うのでそれらを置くスペースを確保しておくと作業も早くできます。エアコン付近の家具はできる限り移動し、近くに割れ物や高価なものがある場合はあらかじめ別の部屋などに移動しておきます。

レンジフードや換気扇も脚立を使っての作業となるので、そのスペースを空けておきましょう。一人で移動できない家具などは業者が手伝ってくれる場合もありますが、大掛かりな移動となると追加料金が発生することもあるので気を付けましょう。どうしても移動できない家具などは養生シートなどをかぶせての作業となります。

また浴室のシャンプーやトイレの備品などは移動しておかないと作業ができないわけではないので置いたままでも大丈夫ですが、事前に移動しておくと作業がスムーズに進みます。同じくキッチンにある調理道具なども出来れば事前にしまっておくといいでしょう。

お茶など出した方がいいの?作業中は不在でもいいの?

お茶やおやつなどを準備して出す必要は全くありません。なかにはチップなどを気にする人もいますが、それも必要ありません。

作業の開始前後は、クリーニング内容の確認があるので不在のまま始められることはありません。確認が終われば作業中は自由に動けます。その場にいてプロの技を見学していてもいいですし、作業終了前に電話で連絡をしてもらえば、その時間不在にすることもできます。

とはいえ知らない人を家に入れて自分は外出するのは心配だという人もいると思います。クリーニングの作業は意外に時間がかかります。作業時間は事前にわかっているものの、ずっと立ち会うのは退屈になるかもしれません。始まってからしばらく様子を見て安心できるようならば外出をしてみるなどそのときの状況で判断してもいいでしょう。